プロフィール

林家 つる子

落語家
林家 つる子Tsuruko Hayashiya

出身地 群馬県高崎市
出身高校 群馬県立高崎女子高等学校
出身大学 中央大学 文学部人文社会学科
中国言語文化専攻
特技 日本舞踊/中国語

中央大学在学中、強烈な勧誘を受けて入った落語研究会で
落語の魅力に心奪われ、夢中になる。
「全日本学生落語選手権策伝大賞」
「全国女性落語大会ちりとてちん杯」などの大会に出場し、入賞。
大学卒業後、九代林家正蔵の門を叩く。
5年2か月の見習い、前座修行を経て、二ツ目に昇進。

現在は東京と群馬を拠点に、全国各地で活動中。
年間700席の高座に上がり、古典落語の滑稽噺から人情噺、
新作落語にも取り組み、実力派女流落語家として注目を集める。
新しい目線から落語を作り替える試みにも意欲的で、
名作落語「子別れ」・「芝浜」を、女性を主軸に改作する取り組みにも挑戦。

100席に及ぶ古典落語に定評がある一方、
お客様から三つのお題を頂いて即興で作る「三題噺」や、
古典の怪談噺、地元を題材にした新作落語、
子ども向けの落語講座、笑いと健康をテーマにした福祉公演など、
聴く方のニーズに合わせ、古典芸能を柔軟にアレンジした高座でも人気に。

地元群馬と落語を盛り上げるべく立ち上げたユニット「上州事変」では、
群馬県内35市町村を回って落語会を開催中。
「落語が初めての方も気軽に訪れてほしい」という想いから、
寄席はもちろん、カフェやギャラリー、ライブハウスなどでの落語会も精力的に行なっている。

経歴
2010年9⽉ 九代林家正蔵に弟⼦⼊りする
2011年1⽉ 横浜にぎわい座「正蔵一門会」にて初⾼座
2011年3⽉ 前座となり、各寄席で修業を重ねる
2015年11⽉ ⼆ツ⽬昇進
2016年7⽉ ぐんま特使に就任
2017年4⽉ 群⾺地酒⼤使に就任
2018年11⽉ パナック株式会社応援団長就任
2019年4⽉ 嬬恋村キャベツ大使に就任
2019年8⽉ ⾼崎アンバサダー就任
受賞歴
2017年8⽉ NHKラジオ 真夏の話術2017 準優勝
2019年9⽉ 第11回前橋若⼿落語家選⼿権優勝
2019年12⽉ BSフジ「Zabu-1グランプリ」準優勝
テレビ出演
  • ⽇本テレビ「笑点」(若⼿⼤喜利)
  • BS⽇テレ「笑点特⼤号」
  • フジテレビ「良かれと思って!」 2018年1月17日
  • テレビ朝⽇「くりぃむVS林修!超クイズサバイバー」 2018年6月21日
  • NHK「ひるまえほっと」 2018年11月8日
  • BSトゥエルビ「ミッドナイト寄席」
  • テレビ神奈川「吉井さん〜オヤジの音楽狩り〜」コーナー「お焼肉っております」 2019年4月〜12月
  • BSフジ「Zabu-1グランプリ」決勝進出 2019年12⽉
  • テレビ神奈川「吉井さん〜オヤジの音楽狩り〜」 2020年1月7日、8日、9日
  • 群馬テレビ 「ニュースeye8」コーナー「林家つる子のぐんま再発見」
ラジオ出演
  • NACK5「GOGOMONZ」 2016年6月18日
  • ⽂化放送「⾶べ!サルバドール」 2017年1月2日
  • TBSラジオ「話話話芸」 2017年3月18日
  • NACK5「GOGOMONZ」伊勢崎オートレース公開生放送 2018年8月15日
  • NHKラジオ第一「ラジオ深夜便」 2018年8月26日
  • NHKラジオ第一「NEXT名人寄席」 2019年9月28日
  • NACK5「大野勢太郎の楽園ラジオ〜パワー全開!!〜」 2018年10月13日
  • ニッポン放送「神田莉緒香のKANDAFUL RADIO」 2020年2月16日、23日
掲載誌
  • 落語 修行時代 2017年7月3日発行
  • 朝日新聞 2018年4月5日号
  • 週刊新潮 2019年6月27日号
  • 毎日新聞 2019年7月16日号
  • ハワイ日本語新聞 日刊サン 2019年8月8日号
  • 日本経済新聞 2019年9月17日号
  • pen+[ペン・プラス]  2019年9月11日発行
  • ORBIS magazine 2019年10月号
  • 「私だけがいない世界。」青山裕企 2016年7月1日 発行
CD
  • 「群ま まごころ・・・ばつぐん馬・さくまひでき と ゆうかりしずる/ぐんまラプソディー・林家つる子」
CM
  • ネッツトヨタ高崎 ラジオCM出演 2019年7月~
  • Amazon「Kindle Paperwhite」プロモーション 2020年11月~
レギュラー出演
  • FMラジオ⾼崎「AIR PLACE」毎週⽉曜⽇16:00〜18:55
  • 読売群⾺コラム「レンゲツツジ」
仕事依頼